« 第20回福知山マラソン | トップページ | 次の大会も間近に迫ってます! »

もう一つの闘い

6時起床clock

昨日は帰宅早々熟睡してしまったsleepy

フルマラソン完走後、ここからもう一つの闘いが待っている。

レース後の嘔吐、フルマラソンに何回か出たけどなんともなかったのは2回くらい。残りは毎回出る症状。

去年の福知山では会場にいた人が大会スタッフに通報したらしく、スタッフに連れられ救護テントに行って簡単な問診だけしてもらった。その時の内容は、レース直後にふるまい汁を食べ、顆粒のアミノバイタルを急に摂取したことで胃に負担をかけたと言われたcoldsweats02

そして今日、ゴールして完走証のゲートまでに嘔吐である。自分の体はよくわかっている。前回よりも早いな、着替えもしないで救護テントに向った。意識もあるし別に痛みもないから問診で済むと思っていたけど、今回は何重にも毛布を巻かれ体を温める、手首から肩までが異常に冷たいwobblyカイロも全然効果なし、そりゃあんだけ歩いていたら体も冷える。少し仮眠・・・また嘔吐sleepy

医師の話だと胃の活動が鈍っているからまずは活発にさせること、そうしないと消化ができなくて嘔吐になる。お腹をひたすら温めた。水分も一気に飲まずちょびちょび、できるなら糖質、又は電解質(スポーツドリンク)のもの。でも正直、なってからの対処方は必要ない、時間が経過すると完治すると分かっている。(自分の体験では)

できればならない方法を教えてほしいpencil

聞いてみたけど、明確な回答はなかった。朝食の時間を聞かれたが5時30分で問題なし。レース中の補給(飴とかバナナ)はしなかった。3月の篠山マラソンではエイドでスポーツドリンク、飴、角砂糖をとったら、完走後に甘ったるくなり結局嘔吐した。これも実践したけど駄目だ。

今回の水分補給は水のみ、そして持参したパワーバーだけ。胃の中で出血があるので胃液ではなく黒い液体のような嘔吐。ここ数日の食生活もいたって普通、睡眠時間も問題ない、直前に練習もしてないのでおそらく疲労もない。他の人に比べて胃が弱いのかsign02ここまでくるとお手上げpaper

ハーフマラソンでは起こらずフルマラソンにだけ起こる・・・crying

フルマラソンに耐えうる体作りが必要なのか・・・そもそも不向きな体質なのか・・・摩訶不思議です。

体を削ってまでフルマラソンを走りたいと思わない。ストレスになるだけだpencil

|

« 第20回福知山マラソン | トップページ | 次の大会も間近に迫ってます! »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

読みました。

詳しい状況は把握できないけれど、
ちょっと気になる点が…。

5時半の朝食後、Start時間までに何も食べていないのですか?

という事は胃の中が空っぽ状態ですよね。

そこに激しい運動(3時間も続く)ですから、揺らされ、逆に胃酸の分泌が多くなるのでは…。
消化作用を促進する胃酸が何も入っていない胃の中で…。

ナイトランのメンバーも含め、私の知っているランナーの殆どがStart1~2時間前までに軽めに何か口に入れています。中にはがっぽり食う輩もいるけど。内容は糖質を含んだもの(カステラ・パン等)で、=エネルギーになるグリコーゲンに即なり易いものを負担のない程度摂ります。
これが、よく言われる低血糖症状を防ぐもとにもなります。
走っていると、身体の中の糖質がグリコーゲンに変化してエネルギーとなって、消耗していくので、低血糖になり、ひどくなると痺れや震え、倦怠感になります。
そんな事を防ぐ意味で、マラソン大会の捕食に飴やチョコなど糖質を多く含んだ物が用意されています。
また、フルマラソン前にはカーボローディングを実施するのもエネルギーになる糖質を多く摂っておくのと、低血糖の予防の両面性があります。

ちょっと話が飛びましたが、胃の負担になるというより、少しは胃を活動させている形の方がいいです。

投稿: サミー | 2010年11月25日 (木) 09時13分

サミー代表へ

アドバイスありがとうございます。
確かに朝食以降はほとんど口にしておりません。したとすればスタートゲートに入る前で物産店の甘納豆試食一切れ程度です・・・

ほぼ毎回という悪いイメージが強すぎ、スタートまでに消化を終えなければという考えがありました。もしそうだとすると反対の行動をしていることになります。

エイドでは給水はしても食べることはしていません。こうなると水分だけが空っぽの胃に残り胃酸から守る粘液を洗い流してしまい、胃酸の活動を抑制する物がなく胃が胃酸にやられてしまう(胃炎)状況が納得できます。
おそらく今回のレースで仮にエイドで補給していても同じ症状になったと思います。それは胃炎がすでに起こっているからです。

これですべて解決になるかわかりませんけど、トレーニングレベルで実践していこうと思います。

投稿: YUI | 2010年11月27日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/37827163

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの闘い:

« 第20回福知山マラソン | トップページ | 次の大会も間近に迫ってます! »