« 珠洲への挑戦! | トップページ | 疲労に寝不足でして »

第22回トライアスロン珠洲大会

3時50分起床clock

ホテルは輪島ルートインhotel

珠洲からはけっこう離れている。車で1時間以上rvcar

4時30分出発。私たちと同じ珠洲出場選手も宿泊していたeye

6時すぎに会場に到着し、選手受付、手や足にナンバーを書いてもらうpencil

バイク(自転車)ボトルもセットし、入水チェック。

砂浜に集まった600人以上の猛者。ウェーブごとにキャップの色が違っている。私は紺色。

そして舞台は7時watch

眩しい日差しの中、私の珠洲が始まったevent

良くも悪くもなかったスイムwave

短い種目と違い、みんな『行ってきま~す』的なのんびりした入水。前列ではなかったけどバトルはなかった。すぐさまロープ際でひたすら泳ぐ。とにかく水がきれいだった。浅いということもあるのか海底まで見えるeye1250mの折り返しからは波がけっこうあった。それでも自分のペース。

今年一番の快進撃バイクbicycle

スイムを終え、トランジットエリア。補給食を取る選手、バイクグローブを付ける選手。こんな時も他の選手をチェック。そして私はいうとペットボトルの水でささっと足を洗い小タオルで拭き拭きしながらメットをかぶりソックス履いて完了shine

SPECIALIZED(新バイク)を引っさげ、どこまでやれるかsign02

ネットで大谷峠を見てなんとなく雰囲気を掴んでいた。宿からスタート会場に行く時、大谷峠を通った。途中でバイクコースからそれてトンネルの道に行った。ネットで見たのも同じとこまで。肝心の30m~50mほどのメインの坂が抜けていた。はっきり言って知らなくてよかった。

先日、購入したDHをフルに使い珠洲を駆け抜けた。

炎天下、14kmで散ったランrun

一番長い付き合いのラン。前半は去年のサンライズイワタと同じような走り出し。ひたすら順位を上げ、たまに抜かれる。

しかし後半、完全にダウンしてしまったdownウェアーの前後、帽子の中に氷を入れ次のAS(エイドステーション)まで歩いた。ラン単発ではあり得ない光景。

13時40分を少し回り、なんとか笑顔でゴールhappy01

Img_3059

本日スイム2.5km、バイク101.4km、ラン23.3kmpencil

|

« 珠洲への挑戦! | トップページ | 疲労に寝不足でして »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/41410968

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回トライアスロン珠洲大会:

« 珠洲への挑戦! | トップページ | 疲労に寝不足でして »