« 台風12号、赤穂どうなる? | トップページ | それぞれの赤穂トライアスロン »

第22回赤穂トライアスロン大会 概要

Img_31675時30分起床clock

昨夜からの雨も止み、どんよりとした雲が風に流されているcloud台風12号は通りすぎたのか・・・?

そんなことを思いながら古丸号の到着を待つcarコナミメンバーとは千里中央で集合した。

数年ぶりのトライアスロン復帰の元青学トライアスロン部さん、同じく久々のモトヤマさん。

そしてスイマー五十嵐さんを筆頭に応援団の面々。いつもありがとうございますcoldsweats01

6時30分すぎ車3台で赤穂に向けて出発したcar

中国道~山陽道というコースの予定が・・・・・

台風12号の影響か『通行止めban』に遭う。この後、予期せぬハプニングもあり二転三転する。そして心配していた雲行きがますます悪くなり雨が降り出すrainパラパラと小雨かと思うと豪雨みたいな雨の繰り返しが続く。10時スタートの到着にも危険信号が灯り、モチベーションがダウンdown

しかし姫路あたりでスタート時間を1時間遅らせて開催するという一報earこれなら間に合うsign01そんな祈る思いで車は赤穂に向かうも如何せん下道、時間との勝負に変わりはない。

天気の谷間というか晴れ間が見え始めた10時40分頃、赤穂に到着した。

荷物とバイク(自転車)を全部持ち、すぐさま受付してもらい肩にゼッケンをナンバリングpencil

バイクラックにセットした時には10分前、とにかくバタバタで準備。

スイムスタートwave

最初の直線で古丸代表の後ろを狙うがあえなくもみくちゃにされてしまう。ようやく自分のラインを確保したら前には背泳している選手wobbly枝入りの水も飲んでしまい余計にショックを受けたsweat02

Img_31271kmのスイム。考えている暇はない。気を取り直して前の選手を追う。

陸に上がると『5位』との速報ear

SPECIALIZED(新バイク)発進~bicycle目指す目標は古丸代表sign03ここから挽回するしかない。

最初の折り返しで古丸代表との差が思いのほか詰まっていた。調子が悪いのかsign022周回目で追いつき、抜いた。まだ前には他の選手がいるのでそのままガツガツ。暑いくらいに晴れているが路面はけっこう水溜りが残っていて走行しにくい。先週の珠洲101kmに比べると30kmはあっけなく終わる。

順位は把握できなかったけどトップと3分前後の差でランに突入run

Img_3166ランは最初から最後まで孤独走だった。後ろからは誰もこず。ぽつぽつ、選手を抜くもたぶん周回遅れだろう。

スピードはあまり上げることができなかったけど足の痙攣もなく終始マイペースで走ることができたscissors

去年のタイムを少し更新してゴール。直後に記録証が発行され4位とわかった。

古丸代表に勝つことはできたが、総合1位も程遠く微妙な結果の赤穂大会となった。

Img_3169 女子の部では一緒に参加したマナベさんが総合1位の優勝、古丸代表も年代別2位。

表彰式を終えてからはいつもの穴子寿司の店で少し遅めの昼食。

『鯖・穴子半々+そば』restaurant

店、貸切にしてもらってありがとうございましたhappy01

締めは新規開拓の赤穂温泉に浸かり、疲れを癒すspa露天風呂、目の前が海です。濁ってなかったらグッドgood

本日スイム1km、バイク30km、ラン5kmpencil

|

« 台風12号、赤穂どうなる? | トップページ | それぞれの赤穂トライアスロン »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/41509008

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回赤穂トライアスロン大会 概要:

« 台風12号、赤穂どうなる? | トップページ | それぞれの赤穂トライアスロン »