« 皆生出発前夜 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 »

皆生へ向けて出発

7時起床clock

日本トライアスロン発祥の地、皆生。

ついにこの日がやってきました。

去年、初めて五島長崎のロングに挑戦
今年はなんと1ヶ月経過しない間に2つも出場というスケジュール。
(6月23日、五島長崎)

自分自身どこまで前回の疲労が取れているのか?

よくわかりません。

先週の駅伝も走れたし、大きな問題はないでしょうと楽観気味。

大阪北摂から会場である米子までは、250kmくらいの道のりrvcar
昼前現地に入り、軽く昼食。

Photo

14時~15時選手登録
15時~17時開会式&説明会

内容は概ねどこの大会も一緒です。

今回はスイム・バイク(自転車)・ランのトランジットエリアが分かれていなかったので、あまり考えることがいりませんでした。

少し早めに終了しましたが観光しようにも時間が、、、下調べもしていないし、、、

Photo_2

あっさりとした夕飯restaurant

ホテルのテレビで再放送らしき『タッチ』がやっていたので、なんとなく見入ってしまいましたeye

そして目覚まし時計3個の万全な状態で就寝sleepy

|

« 皆生出発前夜 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/52480249

この記事へのトラックバック一覧です: 皆生へ向けて出発:

« 皆生出発前夜 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 »