« 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 初の大山山麓 »

大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 皆生海岸

6時50分起床clock

五島長崎に続き今回の皆生も少しだけ長編になります。

スタート前

千人にも満たない数百人の選手
もちろん出たいと言っただけで出場できるわけではない。
厳選な選考があり関係者全員が一人一人の応募書類に目を通したと前日の開会式で言っていた。
それくらい人の手がかかっている大会。

HAIRAIDARからは私一人だけ、知り合いはほとんどいない。
自由気ままに楽しもう。

皆生の海岸を前にあれこれ考えているうちにスタートの合図。

ロングの大会でもやはり最初だけ飛ばしたがりな方がいる。今から3kmも泳ぐんだから、、、と言いたくなる。

いつも通り策はない。

強引な横入りは譲る、足をつかまれたらバタバタ蹴らずに放置・・・・・
無抵抗な状態の時に攻撃する輩は私の中ではアスリートでもなんでもない。
一般人同士の間でそんなつまらないことはやめようと願うも断念。

最初の直進からもみくちゃにされてしまいました。

飲みたくもない日本海の海水を2~3度飲むことになりました。
1.5kmの折り返しポイントで順位確認を試みるも失敗。度付きのゴーグルにしないと見えません。(視力が悪いことを忘れていました。)

波もなく穏やかな海でした。
途中から単独泳となり大きな蛇行もなくスイムを終えた。

今年、目覚めたように力を入れているバイク(自転車)bicycle

2

初めての大山fuji
『さぁ、かかってこい!』

そんな勢いでのバイクスタートでした。

|

« 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 初の大山山麓 »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/52496398

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 皆生海岸:

« 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 初の大山山麓 »