« 皆生へ向けて出発 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 皆生海岸 »

大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前

3時50分起床clock

目覚まし時計の出る場面はなかった。ここ一番の集中力でした。

水曜からイミダペプチドを1日2本に切り替え疲労回復、今朝も早々に2本飲みました。

軽い食事(弁当?)を済ませ、トライスーツに着替え、いざ出陣です。

ホテルから開会式・閉会式の会場は近かったんですが、レース会場付近の地理を調べてなかったため自走は諦め車で行くことにしました。

到着した時、雨がパラっと降りましたrain
空を見上げ
今日も雨の中のレースsign02と一瞬よぎりました。

そして準備に取りかかりました。

Photo

バイク(自転車)bicycle
ボトル2本(イミダペプチドアスリート、CCD)
補給食は羊羹を2個
VESPA1袋
ZAVASリキッド・ゼリーバー各1個
こんな感じの装備でした。

Photo_2

スタート前の写真camera(珍しいです。)
ナイトランメンバーの倉光さんに撮って頂きました。
ありがとうございました。(来年はぜひ一緒に出ましょう!)

スイムは皆生温泉海岸(1.5km)の往復です。1.5km先で一度浜に上がりチェックポイント(?)、そしてまた折り返す。
浜には『40』、『50』とプラカードを持ったスタッフが立っていてスタート時の混雑しないような気配りがありました。(これってみんな守っているのだろうか?)

7時
2013年7月14日、長い一日が始まりましたwave

|

« 皆生へ向けて出発 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 皆生海岸 »

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/52481444

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 スタート前:

« 皆生へ向けて出発 | トップページ | 大自然に抱かれる〝最幸〟の一日 皆生海岸 »