« 広島優勝おめでとうございます♪ | トップページ | 自分の可能性 »

2016年最終レース

5時起床clock

☆第1回 しまなみ海道トライアスロンin尾道2016☆

Dcim2569

昨夜もホテルでレモン菓子を食べていました。

さてトライアスロンevent

今年のレースもこれで終わり、出せる力を出し切る、それだけです。

Dcim2570

駐車場の関係で早めに現地入り。スタート会場のサンセットビーチの散策です。

Dcim2571

9時56分スタート、かなり時間を持て余していました。

ウォーミングアップで入水チェックするとスイムエリアから出られない。早く入ってもそんなに泳がない。日焼け止め、ワセリン、ゴーグルの曇り止め、最後の補給、シューズの確認など済ませ9時30分すぎに入水チェック。

砂浜では市長の挨拶、選手宣誓が終わり一時の静寂。

ロングやミドルではさほど緊張しませんが、ショートはトライアスロンの中ではスピード種目です。周りを見渡すとみんな早そうに見える。何回経験しても克服できそうにないです(笑)

ほどなくして私の最終レースが始まった。

スイムは750mを1往復の1.5km、隣のビーチまで泳ぎいったん砂浜にあがってまた戻ってくるコース。往路は外側、復路は内側。スタート直後こそ込み合うもすぐに抜け出し単独泳。

あと少しで半分、ここで4分後にスタートした2組のスイムキャップの選手に数人抜かされた。えっ、750mの間で4分差付けられてしまったΣ(`0´*)調子悪くなかっただけに消沈です。

折り返しの砂浜でタイム確認、13分、、、目標にしていたのは25分切り。そんなに遅くもないんだけどなぁ~coldsweats01復路は最後まで一人ぼっち。足が付くとこまで泳ぎきりここでまた確認すると23分後半。チェックポイントがどこか把握していなかったが、目標達成できそう。

そしてバイク(自転車)パートに入ったbicycle

14.6km×3周の44km。ショート種目は40km、少し変則です。最初は海岸沿い、途中からアップダウンが入りまた海岸沿い。前日の説明会でも写真がありなんとなく認識していたが、それ以上のアップダウンでしたsweat021周目、一息で頂上まで上りきれないとわかると急速にペースダウン。いつ上りが終わるのかわからないので、、、とろとろ走行に(ノ_-。)

上りが終わるとまた急な下り坂、けっこう減速しました。決戦用ホイールの活躍の場は海岸沿いだけ、ひたすら踏み続けた。

2周目に入ると、バイクを降りて上っていく選手を目にすることが多くなりました。確かにこの上りはきつい、加えて時間も昼前で非常に暑いsun我慢比べです。

2周、3周になるとアップダウンの抜きどころ(常に全力ですが、、、)もわかり気が楽になりました。

最後のラン、トライアスロンでは課題になっています。5kmを1往復の10km、前半は快調なペースでしたが、後半に入り失速。前の選手との差が中々つまらなくなります。

ゴールはサンセットビーチの前をいったん通り過ぎてから戻ってくる。頭ではなんとなくわかっていたんですが、いざ来てみると思いのほか離れていく。とここで力尽き足が止まってしまい徒歩。時間にして15秒くらいだったかな、確か2kmは切っているのでそんなに距離はないはずなのに・・・本当に10km?

Dcim2576

ラストの直線、一人かわしてのゴールでした。ゴール後は水と氷のお世話になりながら、チームメンバーのゴールを待つjapanesetea

Dcim2577

全員めでたく完走で~すnote皆さん、暑い中でのレースお疲れさまでした。

帰り支度を始める中、結果速報の張り出しで表彰の対象者になっていたことを知り慌ててステージへsweat01

Dcim2585

総合の順位には全然絡めていませんが、年代別3位での入賞scissors

こんなことなら歩かなければ・・・と(笑)

私の中で記念の大会となりました(* ̄ー ̄*)

本日
スイム1.5km
バイク44km
ラン10km

|

« 広島優勝おめでとうございます♪ | トップページ | 自分の可能性 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

大会・レース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

練習日誌・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347166/67467301

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年最終レース:

« 広島優勝おめでとうございます♪ | トップページ | 自分の可能性 »